平凡社 世界大百科事典

神学大全

トマス・アクイナスの主著。教科書として使用できる,神学(トマスの用語では〈聖教sacra doctrina〉)の簡潔な体系的解説書。〈神学大全〉を書いたスコラ学者はトマスだけではないが,トマスのものがもっとも有名である。神とその創造の業(わざ),もろもろの被造物を考察する第1部,人間がどのように神への道をたどるかを論ずる第2部,および神と人間を仲介するキリストを考察する第3部からなる。神学教授としての経験も積み,思想的にも成熟の度を加えた1266年ころ着手され,死の数ヵ月前(1273年12月6日),未完のまま突然擱筆(かくひつ)するまで書き続けられた。

 本書には唯一なる神,三一なる神,創造,天使,人間,などの論考が含まれているが,構成単位は2669個の〈項articulus〉である。〈……であるか〉という問いの形をとる〈項〉は中世大学に特有の授業形式〈討論disputatio〉を反映するもので,まず数個の異論,ついで反対異論が提示され,主文において著者自身の見解が明らかにされた上で,それにもとづいて異論に対する解答が与えられる,という形式がとられている。《神学大全》は聖書神学に対立するスコラ神学の著作ではなく,聖書に含まれている聖なる教えが,アリストテレス的学問知の要件を満たす,学としての神学の形をとったものである。それは同時に,信仰と理性の〈トマス的総合〉であり,ラテン・ギリシア教父思想,アリストテレスとそのギリシア・アラビア注釈家,新プラトン主義哲学,キケロやローマ法・教会法学者の思想を豊かに取りいれた,中世学問の集大成である。

稲垣 良典