平凡社 世界大百科事典

日曜新聞

日曜日だけに発行される週刊紙。当初,新聞はキリスト教の安息日の日曜日には休刊するのが習慣であった。しかし,1780年イギリスでエリザベス・ジョンソン夫人が最初の日曜新聞《E.ジョンソンズ・ブリティッシュ・ガゼット・アンド・サンデー・モニターE.Johnson's British Gazette,and Sunday Monitor》を発行した。これは労働者階級を読者対象に週間ニュース,宗教記事などを中心としたものであった。後には《オブザーバー》《サンデー・タイムズ》が犯罪記事やスキャンダルなどを載せて成功した。アメリカでは1796年から日曜新聞が発行されていたが,1833年《ボストン・グローブ》が姉妹紙として日曜新聞《ボストン・サンデー・グローブ》を出してから,日刊紙が日曜新聞を発行するのが一般化した。20世紀になってからは掘り下げた取材,洗練された文章でニュースの背景,解説などを伝える内容を特色とするようになった。

 日本には日曜新聞はないが,1960年代半ばから販売競争の激化によって有力紙が日曜日付の本紙付録としてカラー印刷による日曜版を発行するようになった。これは日曜付録Sunday supplementと呼ばれ,日曜新聞とは区別されるもの。

新井 直之