平凡社 世界大百科事典

日曜学校

キリスト教会が子どもの信仰教育のために日曜日に開く学校。イギリスの印刷業者レイクスRobert Raikesが1780年に,年少労働者のために開設したのが最初といわれるが,それは主として読み書きを教えるものであった。今日では信仰教育を主とする教育の場となり,礼拝および分級というプログラムで,信徒が教師となって教える。日本プロテスタント教会の伝道のために重要な効果を上げた。第2次大戦後,教会の教育という意味を強調して,教会学校と呼ぶところが多くなった。また仏教寺院でも行うところがある。

加藤 常昭