平凡社 世界大百科事典

サンライズ

サイレント映画の最後の頂点を示す作品として映画史に記録されるF.W.ムルナウ監督による1927年製作のアメリカ映画。原作はH.ズーデルマンの《ティルジットへの旅》(1917)。1920年ころからドイツ映画がアメリカでもてはやされ,ドイツの映画人が次々にハリウッドへ招かれて〈アメリカ映画の芸術化〉に寄与したが,ムルナウも《最後の人》(1924)でフォックス映画社のW.フォックスに注目されて招かれ,アメリカ映画を撮ることになった。都会と田舎にまたがる愛情の三角関係を描いた物語を,当時としては異例の,市街電車が走るオープンセットを建て,字幕を極度に排除して視覚的表現を重視した象徴的な手法で映画化。自然光に近いライティング(照明)を計算したC.ロッシャー(1885-1974)のカメラワーク,とくに流麗な移動撮影が高く評価され,第1回アカデミー賞の撮影賞を受賞した。1927年9月23日,ムッソリーニのアメリカ国民へのメッセージを伝える最初のトーキーのニュース映画〈フォックス・ムービートーン・ニュース〉1巻をそえて封切られたが,その13日後,アル・ジョルスン主演の《ジャズ・シンガー》がニューヨークで特別公開されて,映画はトーキーの時代を迎えることになる。《サンライズ》も翌28年にはサウンド版がつくられて再公開された。

柏倉 昌美