平凡社 世界大百科事典

スントーンプー(Sunthonphu)

タイ最大の詩人。スントーンプーは通称。本名プー。《プラアパイマニー》をはじめ多くの旅行詩などがある。ラーマ2世の時クン・スントーンウォーハーンの位をおくられ,ラーマ4世の時66歳で再び召されてプラ・スントーンウォーハーンに叙せられ王の右筆となる。2歳の時父が仏門に入り,母は再婚して王宮に入り乳人となっている。学歴はないが市井の語彙を駆使して絢爛華麗な押韻法を独創し,王侯貴族の文学を大衆化した功績は大きい。私生活は不羈奔放で,多くの女性と恋して何度も別れ,投獄2回,仏門に入っては酒で失敗し,船で行商の旅にも出た。彼が微醺を帯びて吟唱を始め調子が出ると,3人の門弟が速記しても追いつけなかったという。

冨田 竹二郎