平凡社 世界大百科事典

スラバヤ

インドネシア,ジャワ島東部北海岸の港市。ジャカルタに次ぐジャワ島第2の都市。人口268万9728(2003)。マドゥラ島との間の狭いスラバヤ水道にのぞみ,大河ブランタスの分流マス川の河口に位置する良港。歴史的にも重要な港であったが,特に19世紀後半以後東部ジャワの農園開発に伴い,これを商圏とする大きな貿易港となり,経済的にはジャカルタを凌ぐ発展を見せるに至った。スラバヤにおける都市の建設は,15世紀半ば,ジャワでのイスラムの布教に力を尽くした九聖人(ワリ・ソンゴ)の一人スナン・アンペル(ラデン・ラフマット)によるものとされ,市内のアンペル地区に残る彼の墓は,今日も聖地として人々に尊崇されている。しかし,それ以前にも,マス川の河口に位置するこの地域で,活発な通商活動が行われていた可能性は大きい。いずれにせよ初期のスラバヤは,グレシックなどジャワ北海岸のイスラム系都市国家と深いかかわりをもちながら海港都市として成長した。1743年にオランダ東インド会社領にされた後も,植民地下のスラバヤは,東ジャワの農業地帯を後背地とする商港として発展した。とくに,20世紀に入ってからの港の浚渫,ブランタス川流域の灌漑施設の拡張と甘蔗糖業など農業の増産,鉄道輸送の発達等は,商都スラバヤの役割を決定的に重要なものにした。またスラバヤには,植民地時代からインドネシア最大の軍港が設けられ,現在も海兵隊の基地が置かれている。第2次大戦の終結後,植民地支配復活の意図をもってスラバヤに上陸した連合軍(英印軍)は,1945年11月10日スラバヤの民衆と衝突し,この闘いをきっかけとして,足かけ5年にわたる対オランダ独立戦争の火ぶたが切られた。今日,スラバヤの市内には,この歴史的事件を記念する建造物が数多く建てられている。

 市街は町を貫くマス川に沿い,北は埠頭のあるタンジュンペラから,南は油田のあるウォノクロモまで,南北約20kmにわたり細長く延びる。マス川がプリギアン川の支流を分かつ中央部がスラバヤの都心を形成し,その西側が住宅地,学校,教会などの多い部分,東側が中国人街を含むにぎやかな商業区域である。アラブもまた集団的居住区をつくっている。トゥンジュンガン通りはショッピング・センターとして知られる。戦後スラバヤは織物,機械,車両,精糖,精油などの近代工業が発展し,インドネシアの主要工業地帯の一つとなった。なお市の南東にある動物園は設備が整い,コモドオオトカゲを飼っていることでも知られる。市には戦後,国立エルランガ大学,スラバヤ工科大学が設置された。近郊にはトレテス,プリゲンなどの高地休養地も開けている。

別技 篤彦+加納 啓良