平凡社 世界大百科事典

コモリガエル

別名ピパ。雌が卵を背負って保護しながら育てる変わった習性で知られるピパ科のカエル。南アメリカ北東部のオリノコ・アマゾン水系等に分布し,完全な水生種。体長12~20cm,三角形の頭部も胴も扁平で,多数の小さな房状突起があり,水底に横たわるとまるで大きな枯葉が沈んでいるように見える。口は大きく,突出した眼は退化的できわめて小さい。前肢の指先に星形の感覚器官があり,背面には数条の側線が並んでいる。後肢および趾間(しかん)の水かきはきわめてよく発達するが,前肢は小さく,並行して前方に伸びており,前肢の間を通過する餌は何でもかき込んで食べる。無舌類と呼ばれるように舌がなく,歯も鼓膜も欠く。本種は変わった産卵習性をもつ。雌雄は腰部抱接型で,ペアを組むとしばらくして産卵を開始する。それは,水中を弧を描いて回転しながら行われ,回転の頂点に達したときに産卵,授精され,卵は雄の腹部に落ちる。卵は抱接した両者が下向きに泳いだとき,雌の背面に移されて付着する。1回転で7~8個ほど産み,これが10~20分間隔で20回以上繰り返されるが,最終的には,産卵された150~250個のうち70~80個ほどが背中に残る。卵は1週間ほどで雌の肥厚した皮膚に包まれ,背中にできた穴の育児室で孵化(ふか)した幼生は,育児室の壁の血管を通じて母体から酸素の供給を受けながら発育する。幼生は3~4ヵ月後には変態が終了して,背中の穴から出て水中に泳ぎ出るが,透明の尾をつけているものもある。ピパ科には5種が知られ,ベネズエラからブラジル,ペルーまでに分布する。カルバルホコモリガエルP.carvalhoiは幼生の発生途中の段階で雌から泳ぎ出て,30日ほどで変態する。ヒメコモリガエルP.parvaは全長4.5cmほどの小型種。

 このように親が卵または幼生を体に付着させて保護することは,つねに条件のよい環境に移動し,外敵からも守るという利点がある。したがって卵は大粒で数が少なく,発生の段階が進んだ幼生を孵化させたり,なかには変態終了まで世話する種類もある。これらにはピパ科以外にも背中の育児袋で卵を育てる南アメリカ産フクロアマガエル類があり,そのほかにも,サンバガエルなどは卵を,ヤドクガエル,セーシェルコオイガエルなどは幼生を背負って保護する。

松井 孝爾
図-コモリガエル
図-コモリガエル