平凡社 世界大百科事典

スルナイ

オーボエ属の気鳴楽器の一種。西アジアを中心に西は北アフリカ,ヨーロッパ地中海域,東はインド,東南アジア,中国と広く分布する。ダブル・リードで音を発する木製の管楽器で円錐状の管孔をもち,基本的には大部分のものが前面7孔,裏面1孔という同一の構造をもっているが,各文化圏により名称や大きさ,材質などに微妙な違いが見られる。ペルシア語の呼称は〈祭sūrの笛nāy〉の意で,トルコのズルナzurna,北インドのシャーナーイshahnāi,インドネシアのスルナイserunai等のようにペルシア語に由来した呼称が行われている一方,チベットのギャリンrgyaling,タイのピーpīなどのようにペルシア語からは遠ざかっているものもある。中国では明代に伝えられソーナー,スオナーなどと呼ばれ,鎖吶,鎖などと記され,清代には嗩吶,蘇爾奈とも書かれた。朝鮮では太平簫または胡笛と称され,日本には江戸時代末期に清楽合奏(明清楽)の楽器として伝えられ,嗩吶(さない)と呼ばれた。アラビア語では,古来ミズマールmizmārの名で知られ,今日のエジプトでは大型のものをミズマール・バラディーmizmār baladī,小型のものをスイブスsybsと呼ぶ。ギリシアではズルナというトルコ名のほかにカラムツァkaramoutsaやピピザpipizaの名称も使われている。

 北インドのシャーナーイは,木製の管がしだいに広くなっているなだらかな円錐形でふつう8~9孔あるが,実際に用いられるのは上部の7孔で,あとの孔はワックスをつめて閉じるか,開けたまま使わない。複式のリードは,管の上に直接差し込むものと,留金をつけて差し込むものとがある。スペアのリードが常に用意され,散逸しないよう紐に結んで管に結びつけてある。

 スルナイは本来が野外音楽用であるから,音量もきわめて大きく,イスラム世界の祭り,割礼,結婚の祝の歌舞の伴奏や,軍楽の楽器として不可欠な存在であった。民俗舞踊の伴奏では,リズムをとるためのダウル,タブルなどの太鼓とともに重要な地位を占めている。北インドのシャーナーイの用途もこの伝統の流れを受けているが,ほかに,最近では古典音楽の演奏にも加わるようになった。

 中国の嗩吶は当初は軍楽で用いられ,後に南曲,北曲の戯曲音楽の唱の伴奏でも使われた。円錐状の管の下端に銅またはシンチュウ製の朝顔形のものをつけている。指孔は前7,後1の8孔。ダブル・リード。吹口にさしたリードに銅口と呼ばれるすべり止めのベル形金具がついている。大小さまざまのものがあるが,華北地区の嗩吶は,音域によって(1)高音嗩吶 音域1点イ~3点ロ,(2)次高音嗩吶 音域1点イ~3点ホ,(3)中音嗩吶 音域イ~2点ロ,(4)海笛(形の一番小さな嗩吶) 音域1点ロ~4点ハ,の4種に分けることができる。民間の結婚式,葬式の行列や吹打楽の合奏,地方戯曲や民間歌舞の伴奏に不可欠の楽器で,京劇中では式場に属し,各種の嗩吶曲牌を演奏する。海笛は元来は崑曲の伴奏楽器である。

 朝鮮の太平簫は,基本的な構造は中国の嗩吶と同じだが,下端の朝顔形のふくらみが大きい。軍楽に用いられるほか,今日では農楽でも用いられている。

増山 賢治