平凡社 世界大百科事典

ソラリゼーション

写真感光材料が過度の露光を受けたのちに現像されたとき,通常の露光量の場合と黒白の関係が逆転する現象。例えば,カメラを太陽に向けて撮影してからフィルムを現像すると,ネガ像ならば太陽の部分がもっとも黒く現像されるはずであるが,ソラリゼーションが起こるために太陽の部分は周囲よりも薄くなり,これを印画に焼き付けると太陽は黒い像となる。太陽を直接カメラで撮影することは危険であるから避けたいが,一般に露光量が多過ぎると黒白の反転が起こる。図はこの現象を感光材料の特性曲線で示したもので,縦軸に写真像の黒化濃度,横軸に露光量の対数値を目盛ると,感光材料の特性は右上りのS字曲線で示される。ソラリゼーションの場合は露光量が多い領域でS字の右肩から曲線が下降する部分に相当している。

 ソラリゼーションが起こる機構は写真感光理論で説明されている。すなわち,写真フィルムの感光物質はハロゲン化銀であるが,露光によってハロゲン化銀は光分解を起こし,ハロゲン化銀結晶表面,あるいは内部に銀原子の集まった潜像を作り,一方,ハロゲンはハロゲン化銀結晶外部に散逸する。露光量が多い場合には生成するハロゲンが多くなって周囲のゼラチンなどに吸収されなくなり,潜像の銀を酸化して銀イオンに変えてしまう。このため,露光が多くなるに従って潜像は破壊され,現像後の濃度が低くなって画像の反転を起こすのである。写真乳剤中にハロゲンを受容する化合物を添加するとソラリゼーションが減少することが認められている。また,ソラリゼーションは低温では起こりにくく,現像液にハロゲン化銀溶解剤を加えても起こりにくくなる。なお,写真作画の場合にソラリゼーションと称する技術が使われるが,この場合は現像処理中に露光を与えて反転させるので,本項の現象とは関係がない。

友田 冝忠
図-ソラリゼーション
図-ソラリゼーション