平凡社 世界大百科事典

ソリフラクション

水に飽和された表層土が,全体としてゆるやかに斜面を流れ下る現象。寒冷で湿潤な両極地方の島々で,20世紀の初頭に初めて詳しく観察され,ラテン語のsolum(地面)+fluctuo(ゆらぐ)があてられた。流土の訳語が使われることもある。樹木のない高緯度地方や山地などの周氷河地域では,冬の間多量の水を吸い上げて凍結し凍上していた地表が,春になって融解するとき,下層に残る凍土が水を通さず,それに融雪水が加わるので過飽和状態になりやすい。そのため,表土の動きを妨げるしっかりした樹木の根がないと,わずかな傾斜でも表層土が流動する。しかし水は潤滑材として働いているだけで,水が土を流しているわけではない。動きは地表で最も速く,年数mmから数cmであり,傾斜が20度ぐらいのところで凍上しやすい土の場合には年数十cmに達することもある。地表下数cmで動きはかなり遅くなり,数十cm以下にはほとんど及ばない。前面の舌状にのびた,ソリフラクションロウブとよぶ高さ数十cmの微起伏や,小さな草むらや岩塊などにせき止められて,階段状の周氷河地形

小疇 尚