平凡社 世界大百科事典

至点

黄道上の黄経90°および270°の点のこと。90°の点が夏至点,270°の点が冬至点であり,太陽がこの点に達したときをそれぞれ夏至,冬至という。これに対して,黄経0°,180°の点が分点で,前者を春分点,後者を秋分点と呼ぶ。黄道は天の赤道と約23.°5傾斜して分点で交わっているので,至点において,天の赤道と黄道との距離が最大となる。したがって,至点は分点とともに季節の節目として大きな意味をもっている。

湯浅 学