平凡社 世界大百科事典

油溶染料

主として有機溶剤,合成樹脂,油脂などの着色に用いられる染料の部属で,一般に単なる溶解現象で有機溶剤や分散染料よりさらに非極性であることが必要である。したがってスルホン酸基やカルボン酸基はあってはならず,非極性を与えるためアルキル基がしばしば置換する。分子自体も溶解するためには,あまり大きくてはいけない。このような理由で,モノ・ジスアゾ系,金属錯塩型モノアゾ系,アントラキノン系が多く,フタロシアニン系,トリフェニルメタン系も使用される。印刷インキ,金属用印刷インキ,ボールペンインキ,透明な着色塗料,合成樹脂着色,油脂,燃料,セッケン,ワックス,外用医薬,化粧品の着色に広く使用される。

新井 吉衞