平凡社 世界大百科事典

ソマトスタチン

14個のアミノ酸からなるホルモンで,1973年ブラゾーP.Brazeauらによって,50万個のヒツジの視床下部の抽出物から分離,同定された。成長ホルモン(別名ソマトトロピン)の分泌を抑制することから,成長ホルモン放出抑制因子growth hormone inhibiting factor(GIFと略記),growth hormone inhibiting hormone(GIH),somatotropin release inhibiting factor(SRIF)とも呼ばれる。ソマトスタチンは,成長ホルモンだけでなく,脳下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を抑制し,さらにインシュリンやグルカゴン,ガストリンなど,膵臓や消化管からのホルモンの分泌を抑える作用ももつ。一方,ソマトスタチンは視床下部ばかりでなく,脳内全域,末梢神経,甲状腺,膵臓,胃や腸などにも広く存在していることが証明されており,栄養物の消化や吸収,血糖値の調節などにも関与していると考えられている。ソマトスタチンの生理的な役割はまだ十分に解明されていないが,各種のホルモン分泌を制御する生体調節系として,重要な役割をもつと考えられる。

板橋 明