平凡社 世界大百科事典

ソナタ

1600年前後に成立した器楽の一ジャンル。概して数楽章から成る独奏ないし重奏のための純粋器楽。とくにバロック・ソナタと古典派,ロマン派のソナタは重要で,それぞれの時代に特有の一定の型があった。古典派以降の三重奏以上の室内楽は一般にこの名称をもたないが,広義にはソナタに含まれる。また交響曲も管弦楽のための一種のソナタである。比較的演奏が容易で小規模なソナタはソナチナsonatina(複数形ソナチネ)と呼ばれる。

 ソナタの語源はイタリア語の動詞ソナーレsonare(〈鳴り響く〉〈楽器を奏する〉)の過去分詞女性形の名詞化。ソナタは元来,楽器で演奏するための曲一般を指していたにすぎず,その意味でカンターレcantare(歌う)を語源とするシンフォニアなどの語と混用された。一つのジャンルの名称としては,直接には,バロック・ソナタの前身である合奏カンツォーナがカンツォーナ・ダ・ソナーレcanzona da sonare(〈楽器で演奏するためのカンツォーナ〉の意)と呼ばれたことから始まるとされる。日本では奏鳴曲と訳されたが,現在ではあまり使われない。

歴史

ソナタの社会的機能や様式,形式,編成は時代とともに変化してゆくが,大別して以下の4期に分けて考えることができる。

バロック

ソナタはルネサンス末期の多声の合奏カンツォーナを基盤としてイタリアで生まれ,やがてヨーロッパ各国に広まっていった。初期のものは,ベネチア楽派の二重合唱様式で書かれたG.ガブリエリの《ピアノとフォルテのソナタ》(出版1597)のように,対位法的なカンツォーナとの区別があいまいなものが多いが,やがて組曲であった。これら二つの型はやがて様式的混合がなされ,相互の区別がなくなってゆく。これらのソナタを完成させたのは17世紀後半のローマのコレリで(作品1と3,そして5の前半が教会ソナタ,作品2と4,そして5の後半が室内ソナタ),その影響は各国に及んだ。

 バロック・ソナタは声部数の上から次の4種に分けられる。(1)1声部で書かれた無伴奏の独奏ソナタ ボヘミア出身のビーバーHeinrich Ignaz Franz von Biber(1644-1704)によるバイオリン・ソナタ(1676ころ)が現存最初の例で,J.S.バッハの無伴奏バイオリンのための3曲(1720ころ)がとくに有名だが,全体に作品数はわずかである。(2)旋律と標題音楽の最初期の例として有名。(3)ほぼ同じ音域の2声部と通奏低音から成るトリオ・ソナタ 上2声はバイオリンあるいはビオル,ツィンク(コルネット),リコーダー,フラウト・トラベルソ,オーボエなど,通奏低音はチェロもしくはビオラ・ダ・ガンバ,ビオローネ,ファゴットなどと,チェンバロもしくはオルガン,テオルボなどの計4人で演奏される。この型はバロック・ソナタの主流を占めるが,チーマ以後,コレリの作品1~4(出版1681-94)をはじめ,パーセル,ヘンデル,クープランなど各国の大家の作品がある。また,オルガンの3声部のためのトリオ・ソナタはJ.S.バッハに例がある。さらに,一つの旋律楽器と鍵盤楽器(左手の通奏低音と右手の旋律声部の2声)とで演奏する新しい型の二重奏もあった。この型はマリーニの作品8(出版1629)に始まり,バッヘルベルやバッハのバイオリン・ソナタなどに例がある。しかしこの型が本格的な発展をみるのは,通奏低音が本来の役割を失いつつある古典派になってからである。(4)4声部以上のソナタ G.ガブリエリの三つのバイオリンとバスのためのソナタ(出版1615)があるが,概して小オーケストラのためのものである。

古典派

前古典派を含めて1730年代から19世紀初頭にかけてのソナタは,しだいに教会を離れ,一方では宮廷音楽として存続しつつ,他方では市民階級の台頭とともに受容の範囲を飛躍的に拡大していった。とりわけ楽譜出版と私的および公的な演奏会の増加にともなって,一般愛好家の娯楽音楽もしくは生徒の練習曲として,また職業音楽家の技量の見せどころとして,さらには種々の演奏会の曲目としての性格を強めてゆく。またバロックから古典派にかけては,〈ロココ〉〈ギャラント(艶美)〉〈多感〉などさまざまな様式段階を経て,純粋器楽の近代的な語法が確立されていった時期でもある。通奏低音の後退,均整感のある新しい旋律法,有機的な和声構造,個人的感情の深く激しい表現,クラビコード,そしてさらに多様な表現力をもつピアノへと移行した。

 とくにクラビーア独奏ソナタでは,これらの楽器の演奏技術に大きな発展がみられる。二重奏ソナタはとくにバイオリン,次いでチェロなどの旋律楽器のための作品が多い。初めはクラビーアの方が主導的であったが,しだいに独奏声部も対等な役割をもつようになり,ベートーベンにいたって音楽的にも技術的にもきわめて高度な二重奏が出現した。楽章構成については,前古典派では単一楽章や2楽章のものもあったが,やがて急・緩・急の3楽章が標準となる。すなわちソナタ形式の第1楽章,ロンド形式またはソナタ形式,ロンド・ソナタ形式,あるいは変奏形式(終楽章)というシンフォニア風の構成である。盛期古典派では,交響曲と同様,舞曲楽章としてメヌエットが,さらにベートーベンではスケルツォが組み入れられ,4楽章のソナタも出現した。

 作曲家としては,前古典派ではさまざまな楽派が独自の様式を形成していったが,とくにイタリアのG.B.サンマルティーニ,D.アルベルティ,L.ボッケリーニ,スペインで活躍し550を超える鍵盤ソナタを残したD.スカルラッティ,スペインのA.ソレル,ウィーンのG.C.ワーゲンザイル,マンハイムのJ.シュターミツ,北ドイツの多感様式の代表者フリーデマン・バッハ,ハイドンに影響を与えたエマヌエル・バッハ,J.G.ミュテル,パリのJ.ショーベルト,ロンドンで活躍し若いモーツァルトに影響を与えたJ.C.バッハ,そしてベートーベンに影響を与えたM.クレメンティらの名はよく知られている。盛期古典派では,クラビーア・ソナタの傑作群がハイドン(五十数曲),モーツァルト(25曲),ベートーベン(32曲)の3巨匠によって生み出された。とりわけベートーベンの一連のソナタは古典派の枠を踏み越えた種々の新機軸を打ち出し,19世紀室内楽の模範となった。

ロマン派

19世紀のソナタは,娯楽,教育,私的な音楽会等における意義をますます増大させていったが,とくに七月革命の1830年以降は,多くの聴衆を集めた公開演奏会の花形となった。作曲家兼演奏家が各地を旅行しながら難曲を披露しては大向うの喝采を浴びる,というパターンが成立した。しかしソナタの創作そのものは,少なくとも量の上ではシューベルトの二十数曲のピアノ・ソナタを最後に,急速に減少してゆく。かわって登場してきたのが,自由な形式の性格小品である。この事実は,ソナタというジャンルが作曲家に重要視されなくなったからではなく,むしろ作曲家の創作力,芸術家としての能力がそこで試されるというある種の重みを担わされるようになったことを意味している。様式や編成の点では基本的に古典派の延長線上にあるが,ピアノをはじめ楽器の演奏技巧上の可能性が大きく広げられ,和声の色彩的用法が著しくなり,またベートーベン以後,形式も全曲の緊密な統一感を強調する新しい意匠を帯びるにいたった。ベートーベンの影響を直接受けた作曲家としては,古典的形式の中に旋律を心ゆくまで歌い込めたシューベルト,詩的な要素を重んじつつ主題の論理的操作を独自のピアノ書法で追求したシューマンとブラームスらがいる。他方,ショパンは彼の個性的なピアノ奏法に密着した華麗な様式の3曲を残し,リストは《ロ短調ピアノ・ソナタ》で動機の巧みな操作に基づく単一楽章の新しい形式原理を打ち出した。

20世紀

18世紀以来ソナタの構成原理は調性や和声の有機的な連関に基づいていたが,20世紀に入ってその調性体系に変質をきたし,新しい音楽語法・作曲技法が出現するにおよんで,その存在意義はあいまいになってしまった。大別して以下の四つの場合がある。(1)古典派,ロマン派の伝統の延長線上にあるもの レーガーやフォーレら20世紀初頭の作曲家,およびプロコフィエフをはじめとする大部分のソビエトの作曲家たち。(2)それぞれきわめて個性的な独自の語法をもった第1次世界大戦ころまでの作曲家たち ドビュッシー,スクリャービン,アイブズら。(3)両大戦間を中心に,意識的に古典派さらにはバロックへ回帰しようとした新古典主義の作曲家 ストラビンスキー,バルトーク,ヒンデミット,ラベル,プーランク,ミヨー,R.セッションズ,E.カーターら。(4)第2次大戦後の前衛音楽 プリペアード・ピアノを使用したケージや,高度な音列変奏の技法,不確定性を導入したブーレーズら。とくに以上の(2)~(4)では,ソナタはバロック以降の諸形式とは無関係に,抽象的で複雑な構造の独奏・重奏曲をさすものとして考えられているにすぎない場合や,やはり歴史的な発展とはかかわりなくソナタの原義ソナーレに立ち帰ろうとしたもの,そして新しい技法を駆使しながらもそれを古典的なソナタの楽章構成で枠付けようとしたものなどがある。

土田 英三郎