平凡社 世界大百科事典

ソナチネ

ソナタsonataの縮小辞。すでに17世紀後半に,カンタータや組曲など多楽章作品の器楽序奏部の意で用いられていたが,ふつうには,展開部がないか,あるいはまったく簡略化されたソナタ形式を第1楽章とし,全体は二つないし三つの楽章から成るやさしく短いソナタをいう。18世紀末から19世紀初めのクレメンティ,クーラウFriedrich Kuhlau(1786-1832),ディアベリAnton Diabelli(1781-1858)らの教育用ピアノ独奏曲に多くこの名が付されている。初心者に愛奏されているモーツァルトのハ長調(K.545),ベートーベンの作品49の2曲(ト短調とト長調)のソナタも実質的にはこれに類する。19世紀ロマン派盛期にはほとんど忘れられたが,20世紀初頭,ラベル,ブゾーニ,プロコフィエフらがその新古典主義的作風において佳品を残している。

小林 緑