平凡社 世界大百科事典

ソルビット

ソルビトールsorbitolともいう。糖アルコールの一種で,グルコースのアルデヒド基が水酸基に還元された6価アルコールC6H8(OH)6である。工業的にも,グルコースを高圧接触還元あるいは電解還元して製する。自然界にも,ナナカマド,リンゴなどの植物の果実中や海藻などに存在するが,その量はわずかである。光学異性体としてD-型とL-型があるが,自然界にあるのはD-型であり,工業的にもD-型のみを製造する。砂糖の約半分の甘みをもち,また摂取後,血糖値を上昇させないので,糖尿病用のダイエットフードに用いる。甘味源以外にも加工食品用の素材としての利用面が広い。例えば,吸湿性が強く,タンパク質と混ぜたとき適度な組織を与えるので,冷凍すり身に添加され,水産練製品の原料として多く用いられている。さらに,合成ビタミンCの原料となる。

 細菌はソルビットを代謝できるが,動物の場合,通常は代謝されない。しかし,精囊中でグルコースからフルクトースへの生成中間産物となり,また飢餓状態においては,グリコーゲン合成に使われることもある。

田島 真+柳田 充弘