平凡社 世界大百科事典

ソブリン金貨

イギリスの1ポンド金貨の名称。ソベリン金貨ともいう。イギリスが金本位制度を採用した1816年貨幣法で制定され,1917年まで国内流通用の貨幣として製造・発行された。74年からは,地金型金貨(地金価値と大差ない価格で取引される投資向きの金貨)として発行されている。現在も1ポンドの法貨であるが,額面金額の表示はない。直径22mm,重量7.988g,品位916/1000。1ポンド金貨をソブリン(君主)と呼ぶのは,1489年に発行された20シリング(=1ポンド)金貨に,当時の国王ヘンリー7世の肖像が大きく描かれたことに由来する。この古い型のソブリン金貨は,1604年まで発行されたが,時代により銀貨20~30シリング相当と,価値の変動があった。

重成 侃