平凡社 世界大百科事典

ダイズ(大豆)油

ダイズの種子からおもに溶媒抽出法によって採取する油脂。主産地はアメリカで,アメリカでも日本でも多く消費される油脂である。豆の含油率は15~23%。融点-7~-8℃,比重d415=0.922~0.934,屈折率nD20=1.472~1.478,ケン化価193~195,ヨウ素価114~138,酸価0.3~3.0。脂肪酸組成はリノール酸51~55%,オレイン酸22~25%,パルミチン酸10~12%,リノレン酸8~9%,ステアリン酸3~4%など。抽出油をさらに脱色,脱臭など精製を行って,ダイズ白絞油,ダイズサラダ油などの食用油とする。用途はほかに,マーガリン,ショートニング,クッキングオイル,製菓用油脂,マヨネーズ,硬化油,脂肪酸その他。乾性油に属するが,ヨウ素価が低く,半乾性油に近くて乾燥性が亜麻仁油などに劣るため,工業用の用途はそれほど多くない。アルキド樹脂,リノリウム,油性ワニス,印刷インキ,エポキシ化油,油性塗料などに用いられる。

内田 安三