平凡社 世界大百科事典

社会関係

社会集団を形成している諸個人によって,持続的かつ安定的に営まれる相互作用から生じる一定の行動様式をさす。それには直接的接触に基づくものと,さまざまなコミュニケーション媒体を介する間接的接触によるものとがある。これらの接触をとおして互いに影響を与えあい,この相互作用が反復されることによって,互いの期待にこたえるように行動を規制しあっているとき,社会関係が成立しているという。社会関係に最初に着目したのはG.ジンメルである。彼は社会の過程的・機能的側面を重視して,個々の人間関係に現れる心理的作用の様式(心的相互作用seelische Wechselwirkung)を論じた。社会関係の概念を最も重視し,詳細に展開したのはL.ウィーゼで,人間相互の行動様式を分析して,社会関係の結晶体としての社会形象soziales Gebildeを論ずると同時に,社会関係の機能的なものとしての社会過程sozialer Prozessを論じた。今日では,諸個人の位置および役割を中心的な概念として社会関係論が研究されている。

 マルクス主義での社会関係という概念は,所与の社会状態を性格づけるための,史的唯物論の根本概念である。それは人間の社会的活動を離れてはありえない。つまり,〈社会は個人よりなりたっているのではなく,これら個人がたがいに向かいあっている関連,関係の総和を表現している。……人間Aが奴隷でありBが市民であることは社会的規定,社会的関連である。人間Aはそのものとしては奴隷ではない。社会のなかで,社会によって奴隷なのである〉(マルクス《経済学批判要綱》)。社会関係は諸個人の意志,意識に依存する社会的な関係から区別されねばならぬ,と史的唯物論は主張する。社会関係で基本的なのは物質的な生産関係であり,それは生産力の発展のレベルおよび性格によって規定されるのである。しかし,人間はその意識に依存しない社会関係に盲目的に従属しているだけではなく,科学的洞察によって意識的,計画的に社会関係の発展に働きかけうることが確認されねばならない。

田中 清助