平凡社 世界大百科事典

スポーリング

耐火物の剝落(はくらく),崩壊する現象をいう。耐火物は高温で使用されるので,加熱,冷却にともなう温度変化を受ける。一般に耐火物の熱伝導率は1~10kcal/mh℃と低く,熱膨張率は(5~10)×10⁻6と石英ガラスの10倍以上も大きいために,熱変化によって大きな応力が生ずる。また,耐火物は使用中に変質して内部ひずみを生じ,これに熱変化が加わることによって応力を助長し,崩壊する。スポーリングはこの応力がその耐火物の強度を超えた場合におこるものである。したがって,スポーリングに強いか弱いかは,熱膨張率の大小,熱伝導率の大小,ヤング率の大小,引張強さの大小,耐火物の大きさなどで決まる。なかでも熱膨張率が最も大きな要因であるが,これは材質に固有のものであるので,組織により応力を吸収しやすいように,耐火煉瓦を製造するうえで工夫がなされている。

西川 泰男