平凡社 世界大百科事典

ハイタカ

タカ目タカ科の鳥。西はヨーロッパおよび北アフリカから東は日本まで,ユーラシアの中・高緯度地方で繁殖し,北方のものは冬はやや南に移動する。森林性の昼活動する猛禽(もうきん)で,草原や砂漠地帯にはすまない。上面は暗灰青色,下面は灰白色で,雄では赤褐色の,雌では濃褐色の横斑がある。多くのタカ科の鳥と同じように,この種でも雌のほうがひとまわり大きく,雌の全長約39cm,雄は約31cmである。かつては,大型の雌をハイタカ,小型の雄をコノリと呼び分けた。日本では,北海道と本州の山林で繁殖し,冬は本州以南の丘陵や山ろくに移動するものがあり,田畑や荒れ地に面する林縁にもよく姿を見せる。餌はほとんどがツグミ大以下の小鳥類で,森林中を飛翔(ひしよう)しながら脚でつかまえる。冬には開けたところで小鳥の群れを襲うこともある。5~6月ころ,低山帯の森林で木の枝上に小枝で巣をつくり,1腹4~5個の卵を産む。雌だけが抱卵し,33~35日間で孵化(ふか)する。

 日本にはハイタカ属の鳥は,ほかにハイタカより大型のタカ

竹下 信雄