平凡社 世界大百科事典

種社会

生物全体社会を構成する実在的な単位を表す概念。今西錦司の提唱(1949)による。今西は,specific synucia(単一種からなるシヌシア。シヌシアとは同じ生活型をもつ生物の集団の意味)を短縮したスペシアspeciaの語を用いることをも提唱した。スペシアは,一つの種に属する,生活様式を同じくし相互に交配の可能なすべての個体がつくる社会である。今西は,スペシアの構成個体をスペシオンspecionと呼び,スペシアを構成する任意の集団,すなわち単独行動個体,単位集団,地域社会などをオイキアoikia,その構成個体をオイキオンoikionと呼んだ。一つの種社会の空間的なひろがりは,その種の分布域に対応するが,系統的に近似な種社会間にはすみわけが見られる。このように今西の種社会を基盤とする生物社会理論は,C.ダーウィンをはじめとする西ヨーロッパの淘汰理論とは対照的に,共存に重点を置いた社会理論だということができる。近年今西は,生物全体社会に対してホロスペシアholospeciaという用語をあてることを提唱した。

伊谷 純一郎