平凡社 世界大百科事典

比重天秤

液体中にある固体の浮力を測定し,固体,液体の比重を知るためのてんびん。通常のてんびんに固体をつるすためのかぎをつければ容易に測定できる(図)。質量Ms,比重dsの固体を比重dlの液体中につって秤量するとMs(1-dl/ds)となる。Msは既知であり,dldsの一方が知られているとき他方がわかる。固体の場合,試料を空気中でWと秤量し,次に細いつり線wで比重dlの液体中につり,Wlと秤量し,測定中の空気の比重ρを知り,空気浮力の補正を施せば,比重dsは,

として求める。dw,ρは水と空気の比重である。精密な測定ではつり線に働く水と液体の表面張力の差による補正も必要である。

伊藤 隆
図-沈みを使用する比重てんびん
図-沈みを使用する比重てんびん