平凡社 世界大百科事典

思弁

〈見る,観察する,看視する〉を意味するラテン語specio,ギリシア語skopeōに基づくラテン語speculatioに由来し,観察,観想,観照,静観,省察の意味で使われる用語。明治10年代から思弁,40年代には想考とも訳された。ボエティウスはこれを〈観想,理論theōria〉ならびに〈観照contemplatio〉と同義に用いた。エリウゲナには〈知性的な思弁〉〈理論的な思弁〉の用例があり,知性による原理の理論的な観想,省察の意味である。スコラ哲学では,語源を〈鏡speculum〉(これもspecioに由来)と結びつけ,鏡に反映した姿すなわち結果から実物,現物ないし原因へと上昇的に立ち戻る推論の意味に思弁が解された。この用法はスコラ神学の神すなわち万物の創造者の思索と結びつく。神のなす業(わざ)には神の全知全能があたかも鏡に映されたように反映しているから,この神の業からして神を直接に認識すること,すなわち神を純粋な理性を通して直観的に観照し把握する超越的思考が思弁であり,思弁は瞑想と観照に基づいて遂行されるとされた。一般に,思弁とは経験的現実を超越し,現実全体の究極の原理ないし根拠を純粋理性により直観的に観想することと説かれているが,その方向はスコラ哲学に始まり,その精神はドイツ観念論とりわけヘーゲルに受け継がれる。近世に至り,ルターによるスコラ神学とその基礎の哲学体系への批判以後,さらには経験的・実証的態度の拡大により,思弁の上昇的・超越的意義はしだいに失われる。今日では思弁的とは空理空論的,経験や実地を無視した見方とされ,〈悪しき思弁〉と一括されるのが常識である。しかし,理論や学問が所与の事実や結果からその条件,原因,動機へと推究し,仮説を構成してこれを検証する場合,所与から原理への試行錯誤を介する超越は,ある種の思弁的要素すなわちある可能性を投機し先取し,これを真・偽の吟味にさらすという賭の要素をたえず内包する。所与の事実や結果を説明しうるかに見える仮説ですら,単なる検証可能性のみならず反証不可能性の規準に耐えざるをえないかぎりにおいては,いまだわれわれは〈鏡に映して見るようにおぼろげに見ている〉のではあるまいか。

茅野 良男
平凡社 世界大百科事典

投機

狭義には,ある時点で購入した財(金融資産を含む)を,異時点間の価格変化から(その財の利用からではなく)利益を得ようとする目的で,他の時点で売却する行為のことをいう。たとえば,日本人が,為替レートの先行きを予想して,ドルを安いときに買って,ドル高になったときにそれを売却して円に換える場合,狭義の投機を行っていることになる。このような投機は純粋な投機と呼ばれることもある。しかし,一般に,価格が時とともに変化すると予想されているときには,人々は,多かれ少なかれ,その価格変化から利益を得ようとするものである。そこで,広義には投機とは,異時点間の価格変化から利益を得る目的で,価格が変化しないと予想されるときとは異なった財を保有すること,と定義される。

 たとえば,輸出業者がある期日にドルを受け取ることになっているときに,先物カバー等によって為替リスクをヘッジ(回避)せず,ドル・レートが最も高いときに受取りが予定されているドルを売ろうとしている場合には,広義の投機を行っていることになる。このような投機は広範にみられる現象である。たとえば,都市の農家はしばしば自家消費程度の野菜しか作らず,最大の地代収入をあげるように農地を利用していない。それは,彼らが土地の値上がりによる利益(キャピタル・ゲイン)を期待しているからであろう。宅地造成業者が現に造成中の何倍もの未着手地を保有しているのも,その間の値上がりによる利益を獲得しようとするからである。これらの行動には,安いときに土地を買って高いときに売る,という純粋の土地投機と同じ誘因(異時点間の価格差から利益を得るという)が働いている。

 投機は異時点間の価格差に基づく利益と投機に伴う費用とを比較して行われる。先物取引を別にすれば,投機の費用にはつぎの二つがある。第1に金利費用である。たとえば,自己資金で安いと思われるときにドルを買って,高くなったときに売ろうとすれば,その期間に安全な資産(たとえば自国通貨建ての預金)に投資すれば得られたであろう利子を失う。これは機会費用opportunity costと呼ばれる。いま述べたケースで,自己資金でなく資金を借り入れてドルを買えば,借入利子が投機の費用となることは自明である。第2に,財を保有することに伴って在庫費用がかかる。金融資産の場合には在庫費用はゼロと考えてよいが,実物資産の場合には地代その他の管理・維持費用がかかる。このように,実物資産の場合には,在庫費用がかかるので,金融資産の場合よりも価格差による利益がより大きいと期待されないかぎり,投機は行われない。

 外国為替や特定の商品(綿糸,ゴム,砂糖,小豆(あずき)など)については,先物(さきもの)市場(直先(じきさき)スプレッド)による利益を得る。この場合にはまったく利子費用も在庫費用もかからない。

 投機に関しては,投機は一般的に価格を安定化させるか不安定にするか,あるいは,利益を生むような投機で不安定化的なものがありうるか否か,という論争が続けられてきた。投機は安定的であるという主張はつぎのようなものである。投機家が投機によって利益を得るためには,財の価格が安いときに買い,高いときに売らなければならない。したがって,投機利益を生むような投機は,投機がなかったならば,より安くなったであろう価格を引き上げ,逆に,より高くなったであろう価格を引き下げるので,価格を安定化させる。一方,誤った判断を下した投機家は,損失を被って市場から退去しなければならないから,長期的には,利益をあげる投機家のみが市場に残るので,投機は価格安定化的に機能する,と主張されるのである。

 投機が価格安定化的であれば,投機は異時点間の資源配分を改善するように作用する。たとえば,投機家が将来におけるある原料の生産の減少,したがって価格騰貴を予想して,その原料を現在買い付けて在庫として保有する場合を考えてみよう。この投機家の予想が的中すれば,価格が騰貴した時点での原料供給が増加し,価格が低下することによって,最終的には,その原料を用いて作られる製品の消費者たちの効用が高まる。

 しかし,現実には,投機家の予想がはずれることも,しばしば起こるし,そのような投機家が,必ずしも市場から追い出されてしまうとはかぎらない。さらに,新しい投機家が容易に参入しうるような市場では,新規参入者が損失を被るような投機を行う可能性がある。このような場合には,長期的にみても投機が価格を安定化するように作用するとはいえないのである。

岩田 規久男