平凡社 世界大百科事典

ベロニカ

ゴマノハグサ科のクワガタソウ属Veronicaは北半球の温帯を中心に300種ほどを産し,一部は南半球の温帯(オーストラリア,ニュージーランドなど)にまで及び,形態的にも多様な群であるが,美しい青紫色の花を穂状につける種が,園芸界ではベロニカの名で広く栽植される。これはキリスト教伝説に語られる聖女ベロニカにちなんだ名である。ベロニカの手巾(しゆきん)にキリストの〈真の顔〉が写ったように,この花の色は〈真の青〉を写しとったものといわれる。日本にもヒロハトラノオやトウテイランのように美しい野生種があり栽植もされるが,庭園に多く植えられるヨーロッパ原産種に次のようなものがある。

 ベロニカ・ロンギフォリアV.longifolia L.はヨーロッパ中部からアジア北部にかけて分布する多年草。草丈60~80cm。葉は長披針形で,対生または3~4枚輪生する。7~9月に茎頂に長さ10~15cmの穂状花序に青藍色の小花を密生する。切花や花壇に使われ,耐寒力は強く,花色が白,桃色,濃青色で,大穂などの園芸品種が数種ある。セイヨウトラノオの名もある。

 ヒメルリトラノオV.alpina L.(英名Alpine speedwell)はロックガーデンや平鉢植えに適した小型の多年草。原産地はヨーロッパ,中央・北アジアの山岳地方。茎は地をはって茂り,5月には高さ15cmの花穂を立て,青紫色の小花を穂状につけて美しい。日本への渡来は昭和初年。山草として小鉢が往々市販される。繁殖は株分け。用土は通気・排水のよい粗めのものがよい。

浅山 英一
図-ベロニカ
図-ベロニカ