平凡社 世界大百科事典

鯨蠟

マッコウクジラなどのハ(歯)クジラ類の頭部の貯油組織から得た油を冷却し,マッコウ鯨油を分離後,析出した固形分。アルカリ液と混合,煮沸して精製すると雪白色無臭の蠟状の塊となる。融点40~50℃。主成分はパルミチン酸セチルエステルC15H31CO2C16H33で,ほかに少量の脂肪酸(ラウリン酸,ミリスチン酸など)とアルコール(ステアリルアルコールなど)とのエステル,グリセリドを含む。軟膏や化粧クリームの硬度調整のための基剤などに用いられた。エステルをケン化して得られるアルコールはセチルアルコールを主成分とし,同様の用途に用いられたが,資源であるマッコウクジラの減少,商業用捕鯨の禁止から工業的意味は失われた。

内田 安三