平凡社 世界大百科事典

セン(閃)亜鉛鉱

亜鉛のもっとも重要な鉱石鉱物。理想化学組成はZnS(ウルツ鉱と同じ)であるが,Znの一部はFe,Mn,Cdなどで置換される。ダイヤモンドのC原子を一つおきにZnとSに置き換えた構造をとる。純粋のZnSは淡黄色,透明,樹脂光沢を示すが,Feが増えると黒色,亜金属光沢を呈し,しばしば鉄セン亜鉛鉱と呼ばれる。立方晶系。四面体,六面体(立方体),それらを組み合わせた形をとることが多い。モース硬度3.5~4,比重3.9~4.1。通常,方鉛鉱や黄銅鉱と共生して各地の亜鉛鉱山に産するほか,微量のセン亜鉛鉱は各種の鉱床に普通に見いだされ,岩石中にも見いだされる。鉄の硫化鉱物と共生するセン亜鉛鉱中の鉄の量は,生成時の物理・化学条件(温度,圧力,硫黄の蒸気圧)によって変化するので,セン亜鉛鉱は鉱物・鉱床の生成条件の研究という点からも重要な鉱物である。セン亜鉛鉱は,平均して亜鉛の1/300のカドミウムを含み,各地のカドミウム鉱害の原因の一つと考えられている。

由井 俊三