平凡社 世界大百科事典

球面計

球面の曲率半径の測定に用いられる器具。スフェロメーターともいう。図1に示すように正三角形の三つの頂点に相当する位置に固定した3本の脚,中心位置にマイクロメーターねじで上下に微動する脚がついたものである。まず固定脚を球面上に置き中心の脚を下げていき,その先端が球面に接触したときの位置を直立した目盛と円板上の目盛から読み取る。球面計を平面上に置いた場合の目盛の読みとの差hを測定すると,R=(d2/6h)+(h/2)で曲率半径Rが計算される。ここでdは固定脚で作られる三角形の一辺の長さである。

 さらに精度のよいものに図2の環状球面計ring spherometerがある。円筒環Cの上に曲率半径を測定しようとする球面を乗せる。中心の棒を滑車の働きでゆっくり上に押し上げ,棒の先端のボールBが球面と接触する位置での目盛Tを顕微鏡Mで読み取る。平面を円筒環に乗せたときの目盛の読みとの差hから,R=(r2/2h)+(h/2)で曲率半径Rが求められる。ただしrとしては,図の実線のような凸面の場合はr1,点線のような凹面の場合はr2をとる。球面計は,レンズの曲率半径の基準として用いられるニュートン原器の曲率半径の測定に主として使用される。

田中 俊一
図1~図2
図1~図2
平凡社 世界大百科事典

スフェロメーター