平凡社 世界大百科事典

スフィンクス

人間の頭とライオンの胴体をもった怪獣。古代におけるスフィンクスの美術・文学上の表現は,エジプト,ギリシア,メソポタミアに見られ,その起源は最古期のエジプトに求められる。

 エジプトではカイロ郊外ギーザの丘のピラミッド群と並んで自然岩から彫り出された巨大なスフィンクス像がよく知られているが,小型のものはエジプト各地の遺跡に見られる。ナイル中流テーベ遺跡の対岸にあるカルナック神殿では,ピロン(前門)の入口に達する参道の両側に何十もの小型スフィンクスが立てられており,古代エジプト人にとってスフィンクスはなじみ深いものであった。ギーザのスフィンクスは大ピラミッドが建設された第4王朝以前のものとされており,前2600年以前にさかのぼる古いものであること,また,古代エジプトにおいてはしばしば動物が神格化されて信仰の対象となっていたことなどから,スフィンクスの原型はエジプトで生じたと考えられる。ここでは百獣の王としてのライオンが,神格化された王ファラオと合体し,王権の象徴とみなされるようになった。新王国時代になるとスフィンクスは死者の神としての性格をもつようになるが,これはエジプトからメソポタミアへ伝播したスフィンクス崇拝に他の要素が合体し,エジプトに逆輸入されたという説が有力である。エジプトにおけるスフィンクスについての観念が時代によって変化している証拠として,スフィンクスを表す古代エジプト語の用語の多様性がある。古期の〈ピラミッド・テキスト〉では2頭のライオンをルゥティと読んでスフィンクスを示していたのに対し,中期の文書(たとえば《シヌの物語》)では,シェセプ・アンク(魂の像)と呼んでいる(この語からギリシア語スフィンクスsphinxが出たという説もある)。また新王国時代には,有翼のスフィンクスがフルナ,フロン(セム系の太陽神を表す言葉)などと呼ばれているが,これはメソポタミアから逆輸入されたものである。

 メソポタミアのスフィンクス彫像の代表としては,北イラクのニムルド(アッシリア王宮址)の井戸の底から見つけ出された象牙製のものがある。翼をもつ女性のスフィンクスであり,ほかにも同種の小型の装飾品が見つかっている。有翼の空想的動物はほかにもあり,その代表はアッシリア王宮入口におかれた巨大なラマッス(人頭有翼獣像)である。その人頭には三重に牡牛の角がついているが,身体は明らかにライオンである。同時期(前9世紀)の北シリアのハラフ文化出土品にも古拙風スフィンクス像があるが,これは鳥の脚とサソリの身体から成っている。このような有翼獣の起源は必ずしも明らかではないが,シュメール,アッカドの円筒印章に見られる,なかば神格化された猛禽とつながりをもつと思われる。これらは一方ではシュメール系嵐神アンズー鳥となり,他方では太陽神としての猛禽崇拝に発達した。アッシリアのラマッスのような有翼獣像は古代ペルシア美術,とりわけアケメネス朝期彩色浅浮彫に見られる。これらの神話的イメージは一方ではライオンの変形として東方に伝播し,ついには日本の唐獅子となり,他方では有翼の神として各種の天使像,さらには東洋の飛天像にも影響を及ぼした。

 他方,ギリシアの伝説ではスフィンクスを蛇女エキドナと犬のオルトロスの子とするもの(ヘシオドスの《神統記》),テーバイ王ライオスの娘(庶子)とするものなどがあり,最も有名なものはオイディプス伝説の一部を成している。これによるとスフィンクスは女神ヘラによってテーバイ西方のフィキオン山におかれた。このスフィンクスは旅人に謎をかけ,解けない旅人を食ったという。オイディプスがやって来ると,スフィンクスはいつものように,〈一つの声をもち,四足,二足,三足になるものはなにか〉と謎をかけた。オイディプスが,それは人間である(赤児は四足ではい,成人すれば二足で歩き,老人になれば杖をつくから)と答えると,スフィンクスは山から身を投じて自殺した。ギリシアのスフィンクスは,美しい顔と胸をもつ有翼の女性として表されており,これがメソポタミアの影響を受けたスフィンクスであることを示している。

 スフィンクスに類似の空想的動物として,怪獣グリュプス(英語ではグリフォン)がギリシアの伝承中に何度か言及されている。これはワシの頭と翼,ライオンの胴をもつもので,ヘロドトスの《歴史》第3巻によればこの怪獣は北方の国で黄金を守護しているという。スフィンクスとグリュプスとの関係は今なお明らかではないが,エジプトで誕生したスフィンクスが多様化しつつメソポタミアから北方を経由してギリシアへ入る過程で生じた一変形と思われる。

 スフィンクスは中世にはほとんど忘れ去られていたが,近代の美術や文学ではしばしば〈問い〉〈悲しみ〉〈男に挑む女〉などの主題のもとに再登場した。絵画ではアングル,G.モロー,D.G.ロセッティらのものがあり,ハイネは《歌の本》でスフィンクスに悲しみを代表させた。

矢島 文夫