平凡社 世界大百科事典

コガシラアブ

双翅目直縫群コガシラアブ科Acroceridaeに属する昆虫の総称。世界で450種が知られている。日本では,セダカコガシラアブ,シバカワコガシラアブ,キイロコガシラアブなど10種以上が知られる。典型的なコガシラアブは,大部分が複眼からなる小さな頭部,風船様の膨らんだ腹部をもつ。セダカコガシラアブでは,胸部は背面に向かって膨らみ,頭部はその下に隠れる。成虫は山地で花上に見いだされる。生態はあまりよくわかっていないが,これまでに知られているほとんどの種は,クモに内部寄生する。卵は,植物の葉,枝,幹などに産みつけられる。孵化(ふか)した1齢幼虫は,多数の小さなとげに覆われている。この幼虫は,クモを探してすばやく体内に穿入(せんにゆう)し,書肺に付着して休眠状態となる。クモが終齢期に近づくと,幼虫は脱皮し,急速にクモの体液を消化して,クモの体外に出てクモの糸や体に付着して蛹化(ようか)する。羽化前のさなぎはクモの糸に保護されることになる。成虫の寿命は1~6週間である。

篠永 哲