平凡社 世界大百科事典

クモザル

霊長目オマキザル科クモザル属Atelesに属する比較的大型の新世界ザルの総称。手足が細長く,尾も長くて器用で把握能力に富んでおり,それらがクモの脚を思わせるのでクモザルと呼ばれる。クロクモザルA.paniscus,ケナガクモザルA.belzebuth,チャアタマクモザルA.fusciceps,チュウベイクモザルA.geoffroyiの4種が区別され,中央アメリカから,東部と南部を除く南アメリカにわたって広く分布する。樹上で生活し,行動が活発で上肢と尾を使って巧みに枝を渡り歩く。食物はおもに漿果(しようか)あるいはナッツである。クモザルの単位集団は複数のおとなの雄を含む20~30頭の集団であると考えられているが,そのまとまりはひじょうにゆるく,集団内の各個体はさまざまな構成をもったサブ・グループをつくり離合集散を繰り返している。単位集団の核となっているのは雌どうしのゆるいボンド(結合のきずな)であるらしい。

早木 仁成
図-クモザル
図-クモザル