平凡社 世界大百科事典

差矢法

鉱山や建設現場で用いられる坑道支保技術の一つ。脆弱(ぜいじやく)で崩れやすい地盤を掘削する場合に,支保枠を施した安全な区域から,これから掘削する部分の地盤へ矢板または矢木(板状または柱状で先端をとがらせた坑木。鋼製のものもある)を打ち込んでおいて,その中を掘り進む。矢板は手前の支保枠によって支えられているので,矢板の囲いの中で安全に作業ができる。立坑の開削などでも用いられることがある。

山口 梅太郎