平凡社 世界大百科事典

ナガニシ

イトマキボラ科の巻貝。殻の高さ14cm,径4.5cm。長い紡錘形で,巻きは10層に及ぶ。赤みを帯びた殻頂を除いて各層はよく膨らみ,周縁は多少角ばる。表面はビロード様の厚い皮をかむるが,成長すると上方の層でははげる。細い肋を横にめぐらし,上方の層では縦にも肋がある。最後の巻きは細く長く水管嘴(すいかんし)がのびる。殻口は卵形で水管嘴までのびて,細長い水管溝をつくる。ふたは黒褐色で卵形,革質でやや厚い。軟体は赤色を帯びて辛い。夏に産卵し,卵囊は黄白色で革質,軍配形で多くの卵がその中に入っており,サカサホオズキと呼ばれる。このウミホオズキは縁日や海水浴場で売られ,殻は貝細工の材料となる。北海道南部から九州の水深10~50mの砂泥地にすむ。雑食で,死肉類有機物なども食べる。イトマキナガニシF.forcepsはこの種に似て大型で,殻の高さ22cm,径6cmに達し,殻は厚く重い。房総半島以南~南太平洋に広く分布する。

波部 忠重
図-ナガニシ
図-ナガニシ