平凡社 世界大百科事典

唯心論

原語は,空気,風,呼吸のち霊気,精霊,精神を意味するラテン語spiritusにさかのぼり,今日では唯物論に対して精神ないし精神的なものを原理または実在とする立場をいう。日本では,明治期には〈心即理也〉という見方からidealismの訳語として多く用いられたが,観念論と唯心論とを訳し分け,前者を実在論,後者を唯物論と対比するのは,20世紀初頭以来である。カントは独断的唯心論者とは,〈思惟する実体を自我において直接に知覚しうると考え,この思惟する実体の統一性が人格の不変の統一性を成す〉と主張する者であり,伝統的な合理心理学の説く非物体的・不朽的・人格的な実体としての精神Seeleの精神性Spiritualitätを肯定する者として,物質のみを認める唯物論者を退けるのと同様にこれを退けた。

 一般に,根本的な実在を精神的なものとみなす唯心論は,物質的なもの,意識をもたないものも何らかの意味で精神的なものの色彩を帯びるかまたはその萌芽を含むとする以上,最広義では古代以来のアニミズムも唯心論に編入されうる。その典型的なものはライプニッツの単子論であり,その影響下にあるロッツェの哲学体系であり,さらにはフランスのラベソン・モリアンやルヌービエの思想である。精神を世界霊魂,世界精神と解するなら,プラトン,プロティノス,ヘーゲルなどが,自我性,意志と解するなら,フィヒテ,メーヌ・ド・ビラン,ショーペンハウアーなどが代表となる。またW.ジェームズも哲学を唯心論と唯物論とに区分し,前者を一神論と汎神論に分け,自己の〈根本的経験論〉は汎神論に属し一元論的な絶対的観念論に対立するものとした。

茅野 良男

仏教における唯心論

《華厳経》に説かれる〈三界唯心〉の思想や,瑜伽行唯識派の主張する唯物論

横山 紘一