平凡社 世界大百科事典

スピロヘータ

エーレンベルクC.G.Ehrenbergが水中から発見した栓抜き様の形をした微生物に,1838年Spirochaeta plicalilisと命名したのがスピロヘータの名の起りである。現在は,スピロヘータ目Spirochaetalesに属する,細長いらせん状の形態をもつ一群の微生物の総称として,この言葉が用いられる。スピロヘータを分類学上,原虫に所属させるか,細菌に編入させるかについては,議論がある。体長は,4μmくらいから長いものでは500μmくらいに達する。好気性のものと嫌気性のものがある。一般に鞭毛をもたず,細胞壁は薄くて柔軟で,細胞は伸縮とともに,軸の回りに速い回転運動を行う。この運動は,細胞壁と細胞膜の間にあって,菌体を取り巻いている軸索と呼ばれる構造物によって行われる。大型のスピロヘータは水生菌や寄生菌が多いが,小型のスピロヘータは人間や動物の病原菌が多い。ふつう6属に分類されるが,人間に対して病原性をもつスピロヘータは次の3属に含まれる。レプトスピラLeptospira(レプトスピラ症)。レプトスピラを除いては,一般に培養は困難である。梅毒の病原菌トレポネマ・パリズムT.pallidumは体長6~15μm,径0.1μmくらいである。

川口 啓明