平凡社 世界大百科事典

脾臓

五臓六腑の一つに数えられ,英語spleenは脾臓が気力や感情の宿るところと考えられたことから転じて,〈不機嫌〉や〈憂鬱(ゆううつ)〉の意にも用いられる。腹腔内にある内臓の一つで,古くなった赤血球の処理,リンパ球の産出,免疫による生体防御などをつかさどる最大のリンパ系器官でもある。左側上腹部にあり,上方は横隔膜,下方は左腎臓に接し,前方に胃がある。大きさは成人で長さ約10cm,幅約6.5cm,厚さ3cm内外で,重さは約150g,老人では萎縮して小さいことが多い。血液は大動脈の分枝である脾動脈を通って流入し,脾静脈から門脈に入って肝臓に注ぐ。10人に1人の割合で脾臓の周囲に同じような構造をもった,ダイズ大から親指の頭大の副脾とよばれる組織がみられる。

脾臓の構造

表面は平滑筋を含んだ繊維性の被膜capsulaでおおわれ,脾臓の割断面は煉瓦色の部分,赤色髄red pulpと灰白色のアワつぶ状の結節,白色髄white pulpに区別される。赤色髄の構造はウィーンの外科医ビルロートTheodor Billroth(1826-94)によって明らかにされた。一方,リンパ球の集合からなるリンパ組織である白色髄はM.マルピーギによって発見され,それにちなんでマルピーギ小体ともよばれる。さて,脾臓をおおう被膜はところどころで分枝して脾柱trabecula lienisとなって脾臓の実質の内部に入りこみ,比較的大きな血管が脾柱に導かれて実質内に分枝する。実質内に入って枝分れした小動脈は中心動脈とよばれ,この周囲にリンパ球がぎっしりと集まって白色髄を形成する。中心動脈の先端はさらに細分枝して毛細血管となり,赤色髄に注ぐ。赤色髄は海綿状の構造をした血管組織で,煉瓦色に見えるのは血液が充満しているためである。赤色髄の中で,1層に並んだ細長い内皮細胞でかこまれた袋状の腔を脾洞といい,その周辺で赤血球が充満した網状組織を髄索(別名ビルロート索)という。大部分の血液は髄索から脾洞へ流れこみ,静脈血となって脾柱静脈,脾静脈を経て門脈へ流れるが,一部の血液は中心動脈から直接脾洞へ入る。白色髄と赤色髄の間には明確な境界はなく,この移行部は濾胞(ろほう)周辺帯とよばれる。

脾臓の機能

胎児の時期には血球を産生する造血組織として働くが,生後骨髄での造血が主体になると造血能を失う。幼小児では,脾臓は細菌感染を防ぐうえで重要な役割を分担し,4~5歳以下で脾臓を摘出すると重症の感染に罹患しやすい。ところが,成人では脾臓なしでも正常の生活ができる。それは,脾臓の機能が他の臓器(とくにリンパ節,肝臓,骨髄)によって肩代りされるためである。脾臓は血液の含有量によって約2倍にも大きくなりうるが,他の動物とちがって正常の人では血液の貯蔵所としての役割は乏しい。正常人では脾臓はせいぜい30mlの血液を予備として全身循環に供給しうるにすぎないからである。脾臓のおもな機能には,以下のように赤血球の処理,鉄の貯蔵,血小板の貯蔵,免疫による生体防御などがある。

(1)赤血球の処理 120日の寿命がきて老齢化した赤血球は,形,水分含量,細胞膜に変化がおこり,血球全体が変形して狭い間隙をくぐり抜ける性質(これを変形能という)を失う。脾臓の赤色髄には巧妙な濾過装置があり,とくに網目状構造の髄索と内皮細胞が並んだ脾洞壁の間隙は赤血球の直径よりも狭い。そこで,老化して変形できなくなった赤血球は,髄索や脾洞壁をくぐり抜けることができないため,髄索内に抑留され,ここで待機している大食細胞(マクロファージ)に貪食される。これと同じようなしくみで欠陥のある赤血球も処理され,遺伝性の溶血性貧血で赤血球が丸みを帯びて球状化する遺伝性球状赤血球症では,赤血球の変形能がわるいため脾臓にとり込まれて壊される。このような病気では,手術で脾臓を取り除く(摘脾)と,欠陥のある赤血球でも壊されずに循環するため,貧血症状が軽くなる。骨髄や肝臓も異常赤血球を処理することができ,摘脾した後のこの機能を代行するが,異常を見分ける能力は脾臓に比べて鈍感である。

(2)鉄の貯蔵 赤血球の崩壊で遊離した鉄は脾臓にたくわえられ,必要に応じて動員されてヘモグロビンの合成に再利用される。

(3)異物の貪食 細菌や粒子などの比較的粗大な異物は脾臓に運ばれると,濾胞周辺帯や赤色髄に散在している大食細胞に貪食されて処理される。

(4)血小板の貯蔵 血小板は止血に際して重要な役割をはたす血液細胞であるが,表面は粘着性を帯びているため赤色髄の網目構造にかかって抑留される。血小板の約1/3は脾臓に貯蔵される。脾臓が大きくなると貯蔵量が増し,末梢血中の血小板数は減少して出血しやすい状態となる。

(5)免疫による生体防御 白色髄はリンパ組織であり,免疫反応に関与するリンパ球を産生する。抗体を産生するリンパ球(Bリンパ球,または単にB細胞という)のほかに,ツベルクリン反応,移植の際に主役を演ずるリンパ球(Tリンパ球,T細胞)も産生する。幼児期に脾臓を取り除くと,脾臓による異物貪食能と免疫による防御反応が減弱して病気に感染しやすくなる。

脾臓の病気--脾腫と脾機能亢進症

脾臓が肥大し,肋骨弓から下方に突出して手で触れるようになる。この脾臓の肥大を脾腫splenomegalyという。マラリアなどの感染症,肝硬変などの門脈系の鬱血状態,白血病などの血液疾患などが大きい脾腫を起こす原因となる。脾腫があると,血球の貯蔵量が増大し,その結果末梢血中の血球が減少する。このとき手術により肥大した脾臓を摘除すると減少していた血球が正常化する。脾腫,末梢血中の血球の減少,摘脾による血球数の回復の3項目のほかに,骨髄の検査で血球産生は正常あるいはむしろ増大していることが確認されたとき,この病態を脾機能亢進症という。しばしばバンチ症候群という言葉が脾機能亢進症の同意語として使われることがある。

摘脾

手術により脾臓を取り除くことを摘脾splenectomyという。外傷による脾臓の破裂,血球減少をもたらす脾機能亢進症,遺伝性球状赤血球症などの貧血で,赤血球の破壊が主として脾臓で行われている病気,脾臓で血小板が貯蔵,破壊されるために出血しやすくなる血小板減少性紫斑病などでは治療の目的で摘脾が行われる。成人では摘脾による重篤な後遺症はおこらないが,一過性の血小板,白血球(とくに好中球)の増加,赤血球内の空胞(摘脾後空胞)など末梢血液に変化が生ずる。

動物の脾臓

脊椎動物にそなわった器官であるが,その形態や機能は,動物によってかなりの差異がある。円口類(ヤツメウナギなど)や肺魚類では,腸管や胃の組織内に脾臓に相当する組織(原始的脾臓)があって,造血を行い,独立の器官としては存在しない。軟骨魚類以上になると,赤色髄と白色髄の区別も明りょうとなり,独立して腸間膜に付着する。鳥類までは,造血が脾臓の主要な機能であるが,哺乳類になると,造血は主として骨髄で行われるようになる。しかし種や年齢によっては,活発に造血しているものもあり,マウスなどでは性成熟期に達しても造血に重要な役割を演じている。→リンパ系

松本 昇
図1~図3
図1~図3