平凡社 世界大百科事典

猟官制度

スポイルズ・システムともいう。公職の任免を党派的忠誠や情実によって決める政治慣行のことをいう。イギリスやアメリカにおいて発達したが,スポイルズという言葉を生んだのはアメリカである。それは1832年,ニューヨークの上院議員W.L.マーシーが述べた〈戦利品(スポイルズ)は勝者の手に〉という有名な文句に由来する。アメリカにおいてスポイルズ・システムを初めて用いたのは,第3代大統領ジェファソンであるが,この制度が確立されるのは,第7代大統領ジャクソンの時代になってからである。彼はそれまで州レベル以下で行われていた公職交替制の原理を連邦公務員の任用制度に応用した。ジャクソンは,大統領が任命できる公職612のうち252について更迭を行った。またリンカン大統領は1639の公職の中で実に1457というアメリカ史上最大の更迭を行った。しかしスポイルズ・システムによる公職の更迭は金権政治と結びつき,種々の弊害を生みだした。またこの制度の下では,必ずしも適任者が公職に就任するとは限らず,行政の能率低下をもたらしたために改革の声が高まった。

 1883年にペンドルトン法と呼ばれる〈連邦公務員法〉が成立し,試験競争による資格任用制(売官

藤本 一美