平凡社 世界大百科事典

胞子囊

胞子をつくる無性生殖器官。藻類や菌類では単細胞性で,栄養細胞と同形かそれより大きい。コウジカビなどの子囊菌類では子囊 ascus,マツタケなどの担子菌類では担子器basidiumと呼ばれる。陸上生活をするコケ植物と維管束植物では多細胞性の囊状構造である。コケ植物の胞子囊である蒴(さく)capsuleは胞子体の先端に生じる。シダ植物の胞子囊は,ワラビなどのシダ類では小さく,胞子囊壁は薄いが,他の類では大きく,壁も厚い。ヒカゲノカズラ植物などでは葉上に,トクサ植物では胞子囊穂の胞子囊托上につくが,シダ類では葉の裏面または辺縁につく。異形胞子をもつ植物では小胞子囊と大胞子囊がある。裸子植物の小胞子囊は小胞子囊穂の小胞子葉の裏面(ソテツ類,球果類),軸端(イチョウ),おしべに似た構造上(マオウ類)につく。被子植物の小胞子囊はおしべの葯である。両植物とも大胞子囊は認められないが,大胞子は胚珠の中にできる。

加藤 雅啓