平凡社 世界大百科事典

スポーツカー

明確な定義があるわけではないが,一般に,単なる輸送機械としてだけでなく,走らせること,すなわち操縦することにスポーツ性や楽しみの要素をもたせた自動車をスポーツカーと呼んでいる。一般的な特徴としては,車両重量に比較して強力なエンジンを搭載して優れた動力性能をもち,それに見合った強力なブレーキ性能,卓越した操縦性,安定性を有すること,また多くは2人乗り(前席を優先させた4人乗りもある)で,形態上はオープンボディやクーペボディをもつことなどがあげられる。1960年代までのスポーツカーは走る機能が最優先され,耐候性,居住性や運転のしやすさなどはややもすると二の次にされていた。すなわち,乗りごこちを犠牲にしてもタイヤの接地性を高めるために硬いサスペンションが採用され,ハンドリングに対する応答性を高める手段としてステアリングギヤ比は小さく選ばれるために操舵力は重く,また強力なエンジンのトルクを断続するためにクラッチペダルを踏むにも大きな力を要し,さらに踏力に比例した効きあじを得るためにブレーキペダルもかなりの踏力を必要とした。そのようなスポーツカーを運転して楽しむためには,相当の運転技術を前提とし,同時に体力も要求された。この時代,イギリスでは郊外などで操縦すること自体を楽しむ小型スポーツカーが発達,一方,ヨーロッパ大陸,とくにドイツやイタリアでは,長距離の高速ツーリングを可能とする大きな荷物スペースをもち,居住性も考慮されたスポーツカーが発達し,これらはグランツーリスモgran turismo(GTと略称され,英語ではグランドツーリングgrand touringという。日本でいうGTカーのこと)と呼ばれる。アメリカでは,大排気量,大馬力の量産エンジンを流用したスポーツカーに特徴がある。

 スポーツカーに要求される性能は,時代の移り変りとともに変化しており,現代では,特殊な自動車ではなく,高度な運転技術をもたなくともだれにでも操縦することができ,さらに快適な居住空間をもつことも要求され,そのためパワーステアリング,パワーウィンドー,パワーアシストブレーキを備え,エアコンディショナー,自動変速機を装備した車種も登場している。この考え方からいえば,潜在能力やあらゆる限界能力が高く,セダンやクーペなど形態上の区別はとくになく,高度に空気力学的なボディ形状の追求がなされた,総合的に最高の機能を有する自動車が現代のスポーツカーの条件といえよう。→レーシングカー

中谷 弘能