平凡社 世界大百科事典

点滴分析

微量化学分析の一部門。1滴の試料溶液に1滴(またはきわめて微量)の試薬を加えて鋭敏な反応をおこさせ,これによって微量の物質を検出確認する分析方法。染点分析または斑点分析ともいう。点滴分析に用いる化学反応を点滴反応と呼び,きわめて鋭敏で,他の共存物質による妨害のなるべく少ないものが用いられる。点滴分析法の適用は,古く1859年J.H.シッフが,炭酸銀をしみこませたろ紙上で銀の灰褐色斑点の沈着によって微量の尿素を検出したときに始まるといわれる。20世紀に入り鋭敏な特殊試薬ことに有機試薬と呼ばれる,一連の優秀な有色キレート形成剤が合成されるにおよび,これらが実際面での要請によって急速な発展を遂げ,点滴分析に必要な〈鋭敏〉〈特異的〉〈迅速〉などの諸条件が,しだいに満たされるようになった。これを一つの組織的体系として確立し,今日の点滴分析の発展の基礎をつくったのは,1930年ころに始まるオーストリアの化学者ファイグルF.Feiglらの一連の研究である。ファイグルらは,いわゆる滴板というくぼみつき磁器製板上で点滴反応を行わせ,あるいはさらにこれをろ紙上で行わせて,生成物を選択的にろ紙繊維に吸着濃縮させるなどの方法によって,同じ反応を試験管で行う場合に比べて著しく反応の鋭敏度を高めることに成功したが,今日では無数の応用例が報告されている。また50年ころ,日本では,生成物をイオン交換樹脂の微小粒に選択的に吸着濃縮させるいわゆる〈樹脂点滴法〉が創案され,ファイグルらの方法をさらに大きく発展させるために応用されている。点滴分析は,きわめて鋭敏であり操作が簡便であることのほかに,試料が微量ですむため,局所分析や貴重試料の定性分析などにきわめて有効であり,試薬の消費も少なく,操作には大きな空間を必要としない。

藤本 昌利