平凡社 世界大百科事典

ハナイカリ

リンドウ科の一・二年草。淡黄色の碇形の花をつけることで,他のリンドウ科植物と異なる。全体平滑で,高さ10~60cm。茎は四稜形で,単一または分枝する。根出葉は花時にもあり,対生またはややロゼット状。茎葉は対生で,披針形から楕円状卵形,長さ2~6cm,幅1~2.5cm,3~5脈あり,短柄があるかまたは無柄。7~9月に,花を茎および枝の先端と葉腋(ようえき)につける。萼は4深裂し,裂片は線状倒披針形。花冠は長さ6~10mmで4深裂し,裂片は楕円状卵形で基部近くの外側に距がある。果実は蒴果(さくか),種子は楕円形で平滑。日本全土の日当りのよい草地に生育し,サハリン,千島列島,シベリア,カムチャツカ,中国からヨーロッパの東端まで広く分布する。植物体には,ゲンチアニンgentianineのほかにキサントンxanthone類(1-ヒドロキシ-2,3,4,5-テトラメトキシキサントンほか)を含み,漢方では解熱・解毒剤とする。

豊国 秀夫
図-ハナイカリ
図-ハナイカリ