平凡社 世界大百科事典

リス

ネズミに似るが一般に四肢と尾が長く,尾に長毛が房状に生えた,齧歯(げつし)目リス科Sciuridaeの小哺乳類の総称。オーストラリア,ニュージーランド,マダガスカル,南アメリカ南部,南極を除く世界中に広く分布し,およそ50属250種があり,昼行性のリス亜科Sciurinaeと夜行性のムササビ亜科Petauristinaeに大別される。最小のものは中央アフリカのアフリカコリス(アフリカコビトリス)Myosciurus pumilio(英名African pygmy squirrel)で,体長6~7.5cm,尾長5~6cm,体重16.5gほどであり,最大は北半球に分布するマーモットMarmota(英名marmot)類で,体長60cm,尾長25cm,体重7.5kgに達するものがある。また,樹上生のリス類中最大のものはインドオオリスRatufa(英名giant squirrel)類で,体長46cm,尾もほぼ同長で,体重は3kgに達する。

 体は細長く,四肢も長く,前足に4指,後足に5指がある。各指にはかぎづめがある。頭骨の後眼窩(こうがんか)突起がよく発達し,左右の目の間隔が広く,目は比較的大きい。下眼窩孔はきわめて小さく,あごを動かす咬筋(こうきん)を通さない。上下顎(じようかがく)とも前臼歯(ぜんきゆうし)があり,前臼歯,臼歯ともに根ができ,一生の間のび続けることはない。歯冠部は小さく,そしゃく力は齧歯類としては弱い。リス類の多くは昼行性で,木の実,果実,種子,木の芽,草などの植物質を主食とするが,東南アジアに分布するハナナガリスRhinosciurus laticaudatus(英名long-nosed squirrel)のように大型のアリ,シロアリ,甲虫,ミミズなどを主食とするものもある。

昼行性・樹上生リス

典型的なリスで,樹洞や木の枝の上に小枝や葉を集めて大きなボール状の巣をつくる。早朝から夕刻まで樹上で活発に行動するが,地上をもよく走る。長い房状の尾は樹上で体のバランスをとるのに役だつ。木から木へジャンプするときは四肢を大きく広げ,多少滑空する傾向がある。多くの種類があるが,日本には北海道にタイワンリスCallosciurus caniceps thaiwanensisが野生化している。

昼行性・地上生リス

シマリス(エゾシマリス)Tamias sibiricusがこれにあたる。

夜行性・樹上生リス

モモンガの仲間で,前肢と後肢の間に飛膜が発達し,飛膜を広げて木から木へ滑空する。大きな目をもっており,日中は樹洞に潜み,日没ころより活動する。ほとんどがアジア南部にいて,北アメリカには2種,ヨーロッパには1種が分布するのみ。日本には大型で飛膜が後肢と尾の間にもあるムササビPetaurista leucogenys,小型で乳が4対のエゾモモンガPteromys volans orii,乳が5対のモモンガP.momongaがある。

 なお,アフリカにウロコオリス類がある。これは習性が似ているためリスの名がついており,多くのものはムササビのように夜行性で飛膜をもつ。しかし,尾にうろこがあることなど形態の違いと,系統がはっきりしないことなどからウロコオリス科Anomaluridaeとして独立した科とされている。

今泉 忠明
図-リス
図-リス