平凡社 世界大百科事典

テッポウウリ

地中海地方からカフカス地方付近に野生するウリ科のつる性多年草であるが,日本では一年草的に栽培される。茎は地表をはって四方に広がり,全体に粗い毛が密生している。葉は互生して長い葉柄があり,三角状心形で,縁は多少波状にちぢれ,多肉質である。巻きひげはない。花は雄花と雌花があり,共に黄色で花冠は5裂している。果実は長楕円形,長さ約7cm,表面には粗い毛が密生し,熟すと黄色くなり,柄から離れる時,柄のとれた穴から勢いよく種子を射出する性質があるところから,テッポウウリという名がついた。果肉はたいへん苦く,エラテリンという配糖体を含んでいて,苦い果汁をはれものにつけたり,下剤として薬用に用いることがある。種子は茶褐色で,長さ約5mm。日本では薬用植物園などでまれに栽培されるくらいで,めったに見られない。

村田 源