平凡社 世界大百科事典

ストゥーパ

釈迦の遺骨を納めた聖建造物。パーリ語でトゥーパthūpa,中国や日本では窣堵波,パゴダpagoda(フランス語pagode,ドイツ語Pagode)は東洋の高塔状宗教建造物,特にビルマ式のストゥーパを指す。仏教以前からあった墳墓に起源し,ジャイナ教徒も一時用いたが,仏教徒がその造立と崇拝に特に熱心であったために仏教固有のものであるかのようにみなされ,仏教寺院の最も重要な建造物としてアジア各地に多数の例がある。

 仏教のストゥーパは釈迦の滅後その遺骨を分配し,それをまつるために八つの地方にストゥーパを造立したのに始まる。しかし古い時代には釈迦のみならず高徳の比丘のストゥーパも造られた。また仏舎利塔とも呼ぶように原則として釈迦の舎利(焼骨śarīra)をその中に納めるが,仏髪や仏牙(仏歯)のストゥーパも伝えられており,実際には遺骨の代りに宝石や貴金属などを用いたり,経文や経巻などの法舎利を納めたものもある。前3世紀のアショーカ王は最初の8塔のうちの7塔から分骨してインド各地に8万4000のストゥーパを造立したという伝説があり,王が造塔を大いに推進したことをうかがわせる。このように多数のストゥーパが造営されたことは,それが単なる墳墓から礼拝供養の対象となり,超越的存在としての釈迦のシンボルとみなされるようになったことを意味する。ストゥーパの造立とその供養はもっぱら在家信者によって行われ,多くの功徳を生むと考えられた。また野外の主ストゥーパの周囲に信者たちが小型のストゥーパ(奉献塔)を競って造立することもあった。元来ストゥーパ供養に冷淡であった比丘たちもこれを受容するようになり,僧院とストゥーパとによって伽藍が構成されるようになった。

 当初のストゥーパは土製であり,アショーカ王のころには煉瓦,前2世紀末期には石材が用いられるようになった。石窟内のストゥーパは岩から掘削したものであり,後代の奉献塔は一石から彫成したものが多い。また構築されたストゥーパを修復するとき,古塔を内部に包み込んで増広(拡張)することが多く,数度の増広が明らかな例もある。古典的なストゥーパの構造は,頂きが平らな半球形の覆鉢(ふくはち)を本体とし,その基部に円形の基壇(テラス)を築き,頂上に箱形の平頭(びようず)を置き傘蓋(さんがい)を立てる。さらに基壇の周囲に欄楯(らんじゆん)(玉垣)を巡らし四方に門を開く。信者は欄楯の内側の繞道(右回りに繞(めぐ)る通路)を通ってストゥーパを礼拝した。インドのストゥーパはこの覆鉢塔形式を基本とし,その典型であるサーンチー第1塔(図)は1世紀初期の完成時の姿をほぼ完全に残している。ただし地域や時代により少しずつ差異があり,アマラーバティーの大塔に代表される南インドでは,基壇の四方に張出しを作り5本の柱を立て,欄楯の四方に入口を造るが門はない。ガンダーラでは方形基壇が優勢となり,基壇を幾段か積み重ねたり覆鉢基部を円筒形に高くする傾向がみられ,欄楯も門もない。

 スリランカのストゥーパは南インドの形式を継承しつつ,傘蓋は円錐形のボロブドゥールもストゥーパの一変形とみることができる。中国のストゥーパはガンダーラ形式の基壇がいっそう発展して高層楼閣の形をとる。しかし中国や日本でも覆鉢塔形式がまったく消失したわけではなく,堂内の宝塔や舎利容器は原初の形態を伝えている。また三重塔や五重塔などでも覆鉢は屋上の付属物として保持され,傘蓋は相輪へと変化した。

 仏像が出現するまでは信者はストゥーパを釈迦その人として礼拝し,香花を供え,絵画や浮彫で荘厳(装飾美化)した。絵画の例は現存しないが,浮彫は塔門や欄楯に施されて遺る。南インドでは基壇や覆鉢に浮彫で飾った石板を張り,ガンダーラでも基壇に浮彫をはめ込んだ。このように初期の仏教美術はストゥーパの荘厳とともに展開した。浮彫の主題は,

肥塚 隆
図-サーンチー第1塔
図-サーンチー第1塔