平凡社 世界大百科事典

鏡像段階

フランスの精神分析学者ラカンが1936年に提唱した概念で,これによって自我の機能の成立を説明した。幼児は生後6ヵ月から18ヵ月の間にこの段階を通過するが,その際,鏡に映る自分の像や他人の姿を見ながら,鏡像と自分を同一視し,自己の身体的統一感を体験する。これを基礎に〈私〉という自我の意識が芽生えるわけで,そのあと,言語が主役となる象徴的次元へ移っていくという。

宮本 忠雄