平凡社 世界大百科事典

ステンド・グラス

多彩色のガラスを種々の大きさに切り,それらを鉛の枠にはめ込み溶接したもの。絵ガラスともいう。鉛の枠が図柄の黒い輪郭線になり,装飾や宗教的主題が表現される。いわゆる窓枠にはめられたステンド・グラスの歴史は古く,その手法は,古くからガラスが製作されていた地中海沿岸のオリエント地方からきたものと推測されている。また,ポンペイ,ヘラクラネウム,アレジア,ストラスブール,トリールなどで発掘された断片により,ヨーロッパでも1世紀以来ステンド・グラスが使用されていたことが知られている。この時代には,ガラス片は比較的小さくて厚く,ブロンズ(青銅),大理石,木などの縁にはめ込まれていた。文献によれば,5,6世紀以来,イタリアやフランスでステンド・グラスが採用されていたことが知られる。しかし,図柄の表現された現存する最古のものは,ドイツのロルシュ出土の〈聖人の頭部断片〉(9世紀)とされている。さらには,マクデブルク出土の頭部の断片(10~11世紀前半)やワイセンブルク(現,フランス領)出土の〈キリスト頭部〉(11世紀)などにより,ドイツでは古くからステンド・グラスの伝統があったことがわかる。

 小さな規模ではあるが,ステンド・グラスが〈聖なる書〉として,神の国たる教会堂の窓を積極的に飾りはじめたのは,12世紀のロマネスク時代においてである。ロマネスク教会堂の窓は通常なお小さく,円形や矩形の枠で仕切られ,ステンド・グラスの色彩は鮮明な青を地色とし,赤との対比に特徴を示す。12世紀のステンド・グラス芸術の中心地は,パリ郊外サン・ドニ修道院であった。修道院長シュジェールSugerのもとで1144年に完成された同修道院内陣では,はじめて壁面が大々的に窓に開放され,そこにステンド・グラスがはめられた。ここでは,神の属性である光をいかに神秘的に表現するかが意識されていた。

 サン・ドニ修道院で完成された様式は,テオフィルスが書き残した《諸技芸大要Schedula diversarum artium》で知ることができる。

 13世紀ゴシック時代には,シャルトル大聖堂の工房の活動にもうかがえるように,ステンド・グラス芸術はその頂点に達した。ゴシック建築は,ロマネスク建築が壁面中心であったのに対し,構造体を骨組構造にし,窓はますます大きくなり,そこにステンド・グラスがはめられた。破壊をほとんどまぬがれたシャルトル大聖堂身廊,内陣のステンド・グラスは,13世紀前半の典型例で,より深い色調になった赤と青を主調とする色彩対比と,大まかなデッサンによるモニュメンタルな様式に特徴をみせる。また,構成においては,下層の窓は小さな場面(聖書伝や聖人伝)の表現にあてられ,上層の窓は孤立した大きな聖人像にあてられ,視覚的効果が考えられている。シャルトル大聖堂の様式は,ブールジュ大聖堂,サンス大聖堂,ルーアン大聖堂などに伝播した。パリでは,ノートル・ダム大聖堂,サント・シャペルなどに新しい流派が生まれ,13世紀中ごろには,クレルモン・フェランをはじめ全フランスに影響を与えていった。とくにサント・シャペル(1243-48)では,壁面はすべて15の窓に開放され,光の壁と化している。イギリスではカンタベリー大聖堂(〈トマス・ベケット伝〉)やリンカン大聖堂のステンド・グラスが,フランスの様式とのつながりを示す。ゲルマン諸国では,マールブルクのザンクト・エリーザベト教会などにフランスの様式の影響が見られるが,ストラスブール大聖堂,ナウムブルク大聖堂では,装飾性に富んだドイツ独自の特徴が顕著である。

 1270年ころに,新しい傾向が現れる。すなわち,より多くの光を教会堂内に入れるため,色ガラスのほかに,白ガラスの上にグリザイユ(陰影画)で描かれた無彩色のガラスが増える(トロアのサンテュルバン教会)。さらに14世紀初頭には,〈ジョン・ダルジャン〉という技法の導入によりステンド・グラスは絵画化の傾向を強めていった。この技法は,銀の硫化物を使い,ガラスの表面に薄い黄色の膜を作り着色していく。これにより,ガラスの表面に図柄を描くことが可能になり,14世紀のステンド・グラスは,13世紀のモニュメンタルな様式を失った代りに,繊細優雅な表現を獲得した。とくに,天蓋などに遠近法の導入がなされ,絵画化への傾向は一段と強くなった。色ガラスは,ソーダの含有率が多く明るくなり,色彩も豊富になり華麗さを増していった。ルーアンのサントゥーアン教会,エブルー大聖堂,ウィーン大聖堂(東窓)などにその代表例がある。

 15世紀になって,ブールジュ大聖堂(〈受胎告知〉),ムーラン大聖堂などでは,さらに明るく鮮明な色ガラスになり,写実的傾向が強くなった。写実的傾向は,16世紀ルネサンスの到来とともにより強くなった。ボーベのルプランスLeprince家をはじめとするこの時代のステンド・グラス師は,イタリア・ルネサンスの様式を導入した。また北方では,デューラー,バルドゥング,H.ホルバイン(子)らの画家が,下図を提供している。フランスに現存するステンド・グラスの半数近くは16世紀の制作になり,16世紀はステンド・グラスの第2の黄金時代といえる。技法面では,黄色のグリザイユや彩色された透明なエマイユ(七宝)が,16世紀後半に伝播していった。ルーアンのサン・バンサン教会,パリのサン・ジェルマン・ローセロア教会,サンス大聖堂などに,この時代の作例が残る。

 17,18世紀には,ステンド・グラスは衰退を見る。当時の古典主義的精神は,中世芸術固有のものである彩色された平面的なステンド・グラス芸術に対立したからである。ステンド・グラスが復活するのは,ゴシック美術を再評価したロマン派が台頭した19世紀のことである。とくにイギリスでは,その復活は,装飾性を重視した19世紀末のラファエル前派の運動と一致していた。20世紀には,マティス,レジェ,G.ブラック,ルオー,さらにはシャガール(ランス大聖堂)などがステンド・グラスを手がけている。また,ステンド・グラスは新しい抽象的建築装飾としても採用されている。

馬杉 宗夫