平凡社 世界大百科事典

アサガオクラゲ

ハチクラゲ綱アサガオクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。北海道,本州各地に分布し,浅海のホンダワラやスガモなどに柄の足盤で付着し,つり下がっている。高さ15~20mmでアサガオの花のような形をし,かさの縁には8群の触手群があり,それぞれに小さい触手が群生する。また触手群と触手群との間には8個の感覚器官がある。かさの内部中央に十字形の口が開いている。ふつうのクラゲと異なり,ポリプとクラゲとが合一した体型で,物に付着していて,泳ぎ回ることはなく,足盤を使い物の上をゆっくりとはう。近縁種にヒガサクラゲ,ムシクラゲやシャンデリアクラゲなどがある。→クラゲ

今島 実