平凡社 世界大百科事典

スタンプ

切手,印紙など添付するものも指すが,日本では一般に,消印,検印,記念印などの印判をいう。印材にはほとんどゴムが用いられている。日本でゴム印を用いるようになったのは明治中ごろで,1885年(明治18)の新聞に,当時浅草で製造されていたゴム印の紹介記事が載っている。それ以前はツゲ(黄楊)印や石印に印肉をつけて捺印していた。印面にインキをつけるためのスタンプ台は,明治20年前後欧米から輸入された。当時のスタンプ台は,使用のつどインキを塗布しなければならなかった。大正末期には,濃いインキをパッドに浸透させておく万年スタンプ台が日本で製造されるようになり,しだいに改良が加えられた。新しいタイプのゴム印として,スタンプ台不要で何度でも捺印できる浸透印の需要が伸びている。これは多孔質ゴムにインキをしみこませる仕組みで,1954年,日本で開発された。

山田 和子