平凡社 世界大百科事典

スタンド油

亜麻仁油などの乾性油を,二酸化炭素を送り空気を遮断して,300℃前後に加熱して重合させ,粘度を増加させた油。印刷インキ,塗料などの製造に用いられる。以前は原料油をかまに入れて直火で加熱し,発生する油の蒸気に火をつけ(亜麻仁油の引火点は285℃),次に適当な時期にふたをして,そのまま消火・放冷する方法が用いられたといわれる。乾燥性はボイル油に劣るが,乾燥すると光沢および弾力性のある平滑な塗面を与える。石版ワニス,印刷ワニス,焼きワニス,濃化油などとも呼ばれる。

内田 安三