平凡社 世界大百科事典

スタンドバイ・クレジット

国際金融の用語として今日,二つの意味で広く使われる。(1)国際的な貿易取引の決済を目的とするものでなく,金融取引において融資または保証を約するクリーン信用状を指す。たとえば,日本の企業の海外支社や現地法人などが外国の現地銀行から融資あるいは保証を受ける場合,その債務を保証するため,日本の企業はその取引銀行に対して現地銀行を受益者とする信用状の発行を依頼する。この現地銀行は,債務者が債務不履行に陥った場合,この信用状に基づき一覧払手形を振り出し,信用状発行銀行にその支払を求めることになる。(2)国際通貨基金(IMF)がその加盟国に対し行う融資の一形式をいい,IMFが借入国との間であらかじめ包括的な融資取決め(スタンドバイ取決めという)を結び,たとえば1年とか2年という一定期間内に借入国がその外貨事情に応じて,その借入限度内で資金を引き出すことを認める融資方式をいう。

河西 宏之